ワセリンの副作用について

ワセリンの副作用について

ワセリンの副作用について

ワセリンを使用する際に起きる副作用が心配だとお考えの方もいると思いますが、実はワセリンによる副作用はほとんどありません。 

 

どうして100%安全と言えない理由については、白色ワセリンはとても純度が高いといわれていますが、全く不純物が含まれていない訳ではないからなのです。

 

それは、肌のコンディションが悪い方や敏感肌の方が使うことにより、肌に合わない場合があるからなのです。

 

ワセリンは油性の成分ですが、安心して使用できます。

 

ワセリンは皮膚の表面に油膜を張ることで、肌を守る役目をします。そして、皮膚や粘膜にその成分を取り込むことはありませんので、体内に吸収される心配はありません。

 

万が一体内に入った場合でも吸収されることはなく、便として排泄され、体内にとどまり悪い影響を与える心配はないので、安心して使用できます。

 

ワセリンは石油が原料となっていることから、お肌に直接塗ることが不安な方もいるかと思います。しかし、ワセリンは不純物を取り除くために何度も精製されていますので、安全して使用できる油なのです。

 

安定性がよく、お肌への刺激も少ない性質から、化粧品や医薬品など、幅広く利用されています。ちなみに、リップやアイシャドウなどの化粧品やハンドクリームや軟膏などにもワセリンは利用されています。

 

ワセリンが起こすアレルギーについて

 

ワセリンがアレルギーの症状を起こすことは、ほとんどありません。ですが、微量に含まれる不純物や汚れた手などで使用することによって、雑菌などが混ざったものを使うと、肌トラブルを起こす原因になるかもしれません。

 

なにかしらの肌トラブルが現れた時は、必ず皮膚科で受診をしてもらい適切な処置を受けてくださいね。

 

使用するときの注意点について

 

ワセリンを四六時中塗っていないと肌がカサきかゆみを伴う場合、ワセリンによる保湿依存になっている可能性が考えられます。

 

 保湿するための優れた働きがあるワセリンですが、長い間塗り続けることにより、皮膚の呼吸を妨げてしまうことが原因だと考えられています。

 

また、皮膚呼吸が困難になることで、新陳代謝が落ちてしまい皮膚が保水しようとする働きを低下させてしまう危険があります。 結果、ワセリンの持つ保湿力に依存することになってしまい、塗り続けていなければ皮膚がカサつきかゆみを伴う乾燥肌などが常習化してしまうことになるのです。

 

ワセリンへの極度の保湿依存を避けるためには、毎日しっかりワセリンを洗い落とすことが重要になります。

 

高い温度のお湯は避ける様にして、ぬるま湯を使うことがおすすめです。あと、最近では天然素材で無添加の石鹸でもしっかり汚れを落とし保湿するものがありますので、これらををうまく利用して、優しく落としてくださいね。

 

おすすめ

トップへ戻る